藤野正寛

京都大学大学院教育学研究科助教

1978年、大阪生まれ奈良育ち。
神戸大学経営学部卒業後に、医療機器メーカーに7年間勤務し、経営企画管理業務に従事。海外駐在員時代に、10日間のヴィパッサナー瞑想リトリートに参加し、瞑想が身心を健康にすることを体験的に理解し、「働いている場合ではない」と退社。京都大学教育学部に編入学し、学士・修士・博士を経て、現在に至る。現在は、瞑想の実践者かつ研究者として、瞑想実践を通じてでてきた問いをもとに、認知心理学的手法やMRIなどの実験装置を用いて、瞑想の脳研究を進めている。特に、智慧を育むマインドフルネス瞑想と慈悲を育むコンパッション瞑想のメカニズムの解明に取り組むとともに、人々の身心の健康のために、それらを社会に導入する活動に取り組んでいる

【学歴・職歴】
1998年4月−2004年3月 神戸大学経営学部
2004年4月−2011年5月 シスメックス株式会社
2012年4月−2014年3月 京都大学教育学部
2014年4月−2016年3月 京都大学大学院教育学研究科 修士課程
2016年4月−2019年3月 京都大学大学院教育学研究科 博士課程 & 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2019年4月−現在    京都大学大学院教育学研究科 助教

【連絡先】

fujino.masahiro.4n@kyoto-u.ac.jp